通風筒。コロコロ切りがヘタクソで・・

真鍮製の通風筒は常にストックしてあります・・が、戦艦等で大量消費が必要になると貧乏性が出てなかなか出撃命令が出せません。ので、大型以外は自作することが多いのですが、丸棒のコロコロ切りがヘタクソでダメな日は材料を延々とムダにします。

ソコソコの手間でソコソコの精度で丸棒の切り出しをしました。1)プラ板の厚みをガイドにして高さを揃える・・丸棒と同じ大きさの穴に差し込んで切るだけですが、丸棒の断面を整えること(必要なら面取り)良く切れるニッパーを使うこと位で熟練技が必要ありません。2)切り口を整えます。丸棒がエバなら柔らかいのでヤスリを往復するだけで十分です。3)細い丸棒で立ち上がり部をつけ、プラ板の厚みを利用して高さを整えます。

端材のプラ板を利用でき調節も簡単、ボラードや爆雷の長くない物の切り出しにどうでしょうか。

後悔先に・・・現在制作中の「山城」木製甲板シートを貼る前に通風筒を削り取ったのは失敗でした。くぼみから通風筒が生えているような格好になりちょっと違和感ありです。(嗚呼)




11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2018 modeling Support Studio Bollard

〒675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町621 Email: uw2bollard@outlook.jp