舷窓の庇をやってみました。

1/700で舷窓のディテールアップは好みが別れるところかと思います。各メーカーさんから販売され色々と使ってみましたが、結局ディテールやクオリティーの問題より作り手の集中力と根気が問題かと・・ですが、丸窓でもシンドイのに「毒をくらわば机まで」と「庇」単体パーツを使ってみる、精神的に1隻分耐えられるか試しにやってみました。

使用するのは「海魂」製の日本海軍用舷窓セットです。これには「庇」パーツがセットされていて、切り出しも最低限の手間で済むよう考えられています。まずは切り出した「庇」をマスキングテープに掴みやすいよう並べます(面倒ですが長期戦の大敵のイライラが軽減できます)。さて問題は接着です。瞬セメで一発で決められる方は良いのですが、私の場合は庇つきピンセットが出来るだけ・・・そこで仮止め→本接着の方法をとります。仮止めで使うのがガイヤさんの瞬間パテ、硬化時間が長く硬化後もそこそこ強度があります。これを微量使って仮止めします(0.3メタルギリングで瞬セメ等を点置き。適度なハリが良いです)。硬化まで数秒あるので位置を調整します。太さを調整した爪楊枝を穴に突込みガイドにします(タイミングに慣れが必要)。

あとは確認ののち本接着です。私はメタルプライマーでコーディング(筆塗り)しました。強度テストではマスキングテープ(タミヤ製)に耐えてくれました。所用時間は丸窓の場合と変わりませんでした。ただ、目の疲労は大きいので自愛が必要です。最後に一番キモとなるのがピンセットかと・・使っているのが高価なものではありませんが小まめに調整しています。先端が合っているのにピンピンとパーツが飛んで行く場合、力が入った時に先端が開いている可能性があります。そこを調整し丁寧に研いでやればしっかりと掴めると思います。 稚拙な文章にお付き合い頂きありがとうございました。


1/700 舷窓の庇をつけてみました

41回の閲覧

© 2018 modeling Support Studio Bollard

〒675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町621 Email: uw2bollard@outlook.jp