瞬セメを"付けペン"で流し込み

低粘度瞬間接着剤を金属線を使って流し込みをしていましたが、一度に運べる量が少なくエッチングのアプリケーターを使って見ようかと思い物色・・・ふと付けペンでいいんじゃないかと、原理は同じだし丈夫だし安いし・・・細線用のスクールペンなるものを購入。

ペン先を見ると隙間が無く接着剤を保持できなさそうなので僅かに開いてやり、ペン先を軽く研いで尖らせました。

さっそく使ってみると・・ドバッと流れ出ました。ちょっと多いな〜ペン先の丸みの内側にそこそこ溜めるのでそこはやっぱり"ペン"でした。あとペン先を直角に当てても流れてくれず描く時のように斜めにしないと流れません。2回ほどで固まってしまうのでライターの炎で炙ってやりますがそこは厚みがあるのでので安心です。繊細な作業は向きませんが先細ノズルよりはコントロールしやすそうです。やっぱり"アプリケーター"ポチろっと・・・。



閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示