真鍮線でマストを自作

マストにヤードを取り付けるには半田付けがベターですが、用意や後片付けが結構メンドウなものです。アクリル系で強力は接着剤はありますが硬化まで時間がかかり「そろそろかな〜」と触ってダメにする事たびたび。使い慣れた瞬間接着剤でなんとかしたい、しかしイモ付けでは強度が不安なので銅線で縛ってから瞬間で硬めてみました。

マスト側に位置出しとズレ防止のため軽くヤスリで溝を入れ、ヤードとクロスさせ0.1mmの銅線で羽交い締めをするように縛ります。銅線は0.1が相性が良いようで細いと切れ、太いと浮きが出ます。ピンセットで浮かないようになじませ、軽く引っ張りながらねじって締めます。低粘度の瞬間接着剤で銅線との隙間に接着剤が溜まるように流し込み、硬化後ねじった部分をカット・整形します。銅線の効果は大きいようでしっかり固定できました。

マストの櫓組みは簡易なジグを組みました。見た目は酷いですが作業的には正解です。道具としては接点部にゴムを貼ったピンセットがあると便利です。買ったけどイマイチだったピンセットが3本も前線復帰しました。(安物買い過ぎ)



92回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示