滑り止め付きプラバン

最終更新: 5月10日

真鍮エッチング製の滑り止めは切り出しが難しいので二の足を踏みがちです。

そこで任意の厚みのプラバンに「滑り止め」をモールドする方法を考えてみました。大きな面積には向きませんが1/700なら使えそうです。

エッチングの滑り止めを型取りします。お湯で柔らかくするタイプが便利ですが、押し付ける時に指で押さえず平らなブロック等で押さえます。熱さ対策もありますが型が平であることがキモです。型ができればゼリー状瞬間接着剤を塗りその上にプラバンを重ね押し付けます(グリグリしながら余分な接着剤を追い出します)。硬化すれば完成です。

モールドをつける材料は瞬セメに限りません。瞬間パテ・エポキシ接着剤・プラ用接着剤(スチロール樹脂入)も使えます。ただ、瞬セメ系は空気に触れないため硬化に時間がかかりますし、エポキシは硬化時間で型から剥がせますが完全硬化には一日置いた方がようでしょう。また、時間が経っても反りがなく作り置きにはオススメです。プラ用接着剤はプラバンが柔らかくなるので十分時間を置いた方が良いのと、2〜3日で大きく反りが出ますで対策が必要です。サーフェイサーも試しましたが肩が目詰まりするので不向きでした。ご参考になれば幸いです。


滑り止め付きプラパンの作り方


41回の閲覧

© 2018 modeling Support Studio Bollard

〒675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町621 Email: uw2bollard@outlook.jp