三笠完成しました。

ハセガワ社製1/700にインフィニティ製ディテールアップパーツを使用しました。インフィニティのパーツは合いも良く、無茶振りなパーツもなく丁寧に作業してやれば大丈夫です。欲を言えばトップマスト・ヤード・旗竿が若干太いこと、これは真鍮挽物の限界もあるので贅沢な注文かと思いますが・・(旗竿は真鍮線に交換しています)。手すりは汎用の細めのモノに置き換えています。これは白と黒に塗装した場合悪目立ちすると思いデッキは海魂、船体テトラ(海自用)製を使用しました(軍艦色の場合は付属パーツで問題ないと思います)。キットはさすが評判通りの傑作、なんのストレスもなく隙間埋めもわずか、非常に精度が高いので厚めの下塗りには注意が必要な位です。組み立てのポイントはマスト回りの仮組み(適当にやってしまったので修正が面倒でした)。マストのデリックブームの納どころと後部マストとウイングデッキに関係はご注意ください。追加加工は砲塔の防盾?の作り変え・ウイングデッキの支柱・舷窓・ボートダビッドと魚雷防御網のブームを真鍮線に変更しています。空中線などはキリがないので適当です。揚旗索はウイングデッキではなくシェルターデッキからとしました。これは左右の箱を旗の収納部と解釈したもので個人の推測です。仕上げはおもちゃぽくなりますがスタンド付きなので汚し等はほぼ無しとしました。

余談ですがこのキットは対象年齢が12歳以上のようですが、海外勢のディテールを見ると対象年齢を少し引き上げ、細いパーツ等は攻めても良いかと・・・流通時の破損のリスクはありますが(ここの責任感が日本製の矜持でしょう)・・大人の趣味として確立した今日この頃いかがでしょうか?

戦艦三笠 1/700(ハセガワ社製)

戦艦三笠 1/700(ハセガワ社製)

戦艦三笠 1/700(ハセガワ社製)

15回の閲覧

© 2018 modeling Support Studio Bollard

〒675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町621 Email: uw2bollard@outlook.jp