セオリーは大事です。

何度も後悔してるのに艦橋を先に船体に接着、マストは後付けとしてしまった。案の定、手の固定できずプルプル震えるピンセットではハリヤード張りは無理、セオリー通り艦橋にマストを固定することに・・幸いにも艦橋上部がキレイに外れた(元々軽い接着)。ハリヤードは海魂製を使用します、2本一組になっていて取り付ける本数が半分になるのが助かります。注意点は2本の隙間を広げてしまうと欲しい長さに切った時に松葉みたいに開いてしまうこと。まだまだ手法が確立しないので今回もハリヤードはヘタクソで終了でした。

あと、純正エッチングパーツの手すりを装着。長さは良好・・船体中央のクネクネ分も含んでの長さです。曲げ方によって少しづつ誤差が出るので事前の調整がキモになります。とわいえピッタリ合わせるのは大変で、制作中の船体で合わせの作業はリスクが大きいので、同型艦のキットをお持ちならそれをガイドすることをオススメします。そもそも、支柱と支柱の間はチェーンなので直線、Rをつけるのはおかしいのですが接着に使う下部の1本の行き場がなく甲板の縁に沿わせています。この作業で手すりの塗装はボロボロ塗り直しです。中央部の手すりは曲げてからの塗装の方が良いでしょう。


© 2018 modeling Support Studio Bollard

〒675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町621 Email: uw2bollard@outlook.jp